2013年1月15日火曜日

ワンピースフィルムZ見てきた。(ネタバレちょい)

Zのおっさん渋かった!
http://www.onepiece-film.com/
すげー良かった。


敵役がねー、いいんですよ。
対決モノの敵役ってのは圧倒的に悪か、立ち位置に感情移入できるところがあるといいものになるんだなーと思ってて、最近は007スカイフォールの悪役もよかったなあと思うんだけど、
今回のZはタイトルにもなるくらいなわけで、しっかり信念やキャラ背景描かれてて。
どうしようもないくらい自分の正義に融通きかんとこあって、でもそれも仕方ない過去が見えて、ね。

今までのワンピースの映画って全部見たわけではないんだけど、
原作の焼きなおしだったり、絵がなんだかイマイチだったりで、なんだかちょっとあんまり・・・なイメージだったんだけど、今回のはすごくよかったです。

まず作画がすっげーよかったと思う。
アニメのワンピ絵ってどうしてもちょっと原作と違うなーという気はするんだけど、ルフィはじめメンバーがよく描かれてた。

修行2年経過後の初めての映画な訳で、
原作では(いまんとこ)強くなりすぎたルフィがかなり無双してて。
そこに映画を持ってきて、誰と戦わせても倒せちゃうんじゃないの?というキモチだったんだけど、
元大将という納得感あるやつをもってきました。

ふんで相手はロギアでも能力者でもなく、真っ向勝負の力勝負。
最後の殴り合いはロッキーみてる時のような熱い気分でした。一緒にきてたこはその辺り寝てたらしいけどw
その後の結末もちょっと涙腺ヤバかったです。

青キジ(またイカすんだ)のその後とか、
原作で描かれていないところを映画で補完する、ってのは賛否両論かもだけど、
ワンピ好きにはたまらなかったです。

あと一味が挫折させられて、立ち上がるとこもグッときた。
一味では何度も見てきたパターンではあるけど、希望を描くのがやはりうまい!
それを見ている青キジは何を思うのか・・・と考えていました。


特典の1000巻(設定集)も細かくてすっげーよいです。
http://instagram.com/p/Udaf_ipMGO/
(数に限りがあるようです)


ワンピース好きならば是非是非見に行くべし!!
お色気シーンもちょこちょこあるよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿