2013年3月14日木曜日

Kindle購入。本の数だけ世界があるのだ

Kindle買った。たのしい。

今まではたくさんの本持ち運ぶなんて面倒でやってられなかったけど、
先月キンドル買って以来、たくさんの本を常に持ち歩いてる。主に通勤中に読んでいる。

ずっとiphoneとパソコンのキンドルも使ってたけど、いまいちどっちも一長一短だったので、迷ったけど買って正解であった。
(iphone:表示はかなり美しいけど小さい。長時間の読書はしにくい。電池消費激しい)
(パソコン:じっくり座りながらモニターよみこむのしんどい。日本語本は現在未対応。)

iphoneをいじってると、ツイッターをうろついてると、毎日面白いニュースやブログを見る。
最近は※グノシーって言う素晴らしいサービスも出てきた。
それだけで十分楽しいと思っていたんだけど、
どうしてもそれぞれコマギれすぎて、深く何かの世界にもぐる、と言う感覚ではない。

※自分好みのニュースや記事、ブログなどを自動で毎日25件届けてくれる無料サービス。

その点本はグッと深く、世界に入り込めるのだ。
ただ、自分は飽き性なところがあるので、ある本の世界にのめりこんでも、
ちょっと気が乗らなくなってきたら、スイッと違う本に切り替えられる。
この具合がとてもいい。

また、常にずっとつけているわけではないけど、
2月末にフル充電したkindleは、いまだに電池半分ほど残っている。
ページめくりしたりしてるとき以外は消耗して無いらしい。すごい。

本を読むひと、よみたいひと、kindleオススメです。





0 件のコメント:

コメントを投稿