2016年4月30日土曜日

Wii U届いたの巻/スターフォックスゼロを触る1

うーん楽しい!!

Wii uがアマゾンから届いた。
マリオメーカーセットとスターフォックスゼロ。



さっそくセットアップ。
なるほどゲームパッドも充電式なので電源が二個いると、、、

で最初に時間、ネット設定、mii設定(自分のキャラクター)を終えて本体更新。
この辺は3DSですでにやってたので、慣れてはいたけど最初だといろいろとまどうかも。

うしおととら見つつ合間に更新したり。
流れにいちゃん、、、とら、、、泣いた、、、
でも欲を言うともうすこし間がほしいぜ、、、

----------------

マリオメーカーを結構やってコースも一個作ったりしてるのだけど、
さてスターフォックスゼロ。

アマゾンの評価で操作性が結構われていて少しだけ迷ったのだけど、
前回引用した記事を読む限り面白さのポテンシャルは間違いなくありそうだということ、
ゲームの神様がしっかり監修していることもあり、
大好きなスターフォックス64の延長じゃなく「まったく新しいゲームだという気持ちで取り組む」必要があるだろうなとおもいながら購入。

まずはトレーニングモードがはじまる。
おお、本当にすぐ近くで声が聞こえる。
というかゲームパッドとテレビの2画面構成が面白い。
これはマリオメーカーやWiiUのメニューでも感じたけど。

そして操作感。
テレビ画面は俯瞰した画面。移動や全体を見ながらの操作はこちら。
で、手元にはコクピット画面。
そして、これが一番の気になっていた点。
照準がジャイロで動いてしまう。
オールレンジモード(360度動けるモード)は、明後日の方向にレーザーが出ることもしばしば。

トレーニング、そしてその後1面までクリアしてみて、正直なところまだ慣れきれていない。
これ、テレビ画面見ながら操作してると、知らんうちにジャイロセンサーが明後日の方向向いてるからなんだなと理解した。 
普通、コントローラー一定の角度保って操作なんかできないものね。

1面ラストのオールレンジモードでは一回死んで、ようやくすこしだけコツのようなものがわかってきた感じがする。

機体の移動はまずテレビをみながらして、大まかな位置関係をつかむ。
次に敵を打つ準備をするけれど、ロックオンできるならそのままテレビみながらでいいけど、 
細かい照準をつけるには、まずは左スティックを押し込む。
(この操作でジャイロセンサーがリセットされ、照準が真正面を向く)
そこから細かく手元を見ながら照準をつける。

この操作で敵をうつ、ということを随分スピーディかつやりやすくなった感じがする。
しかしこれは慣れるまで大変だ。
確かに操作性で評判割れるのもわかる気がする。し、書いてる今本当に上の方法がベストかはよくわかっていない。

ただ、アーウィン自体の操作性は事前情報通り疾走感がすばらしく、
ローリングや左右のスティック同時に左右方向に傾けての高速移動も気持ちいい。
映像もめっちゃ綺麗で、もう少しやって慣れれば、確実に没頭感上がる予感がする。
※ただ、宙返りとUターンは同時に二つのスティックを弾くのに慣れがいるかも。
X、Yボタンでもでいるので、完全にこっちでやったほうが間違えなくてよさそう。
 

マリオメーカーばかりやりすぎてまだ1プレイ(1面)しかしてないけど、徐々に気づいた点書いていきたいなーと思っています。


0 件のコメント:

コメントを投稿